【事実】女の子の人身売買

人身売買ブローカーの巧妙な手口によりインドの大都市ムンバイの売春宿に売られ、1ドル以下(約100円)で買われ、1日25人もの相手の性奴隷として働かされる。
そして少女たちの半数はHIV感染者となり90%以上が結核を患いながらも性奴隷として永遠と働かされるのです。
逃げようとしても見張りが目を光らせ、警察も賄賂などにより売春組織に染まる。
彼女達が万が一の可能性で家族のもとへ戻れたとしても、ネパールでは、売春をしていた少女とその家族は村全体の恥と見なされる。その為、村に戻ろうとしても少女を村人が糾弾することもある。
また、村人はその少女の家を焼き払う計画をもたて、家族を殴る蹴るなどの暴行を加えるほどの差別を強いられる。 このような現実を私たちが理解し、どのようなアクションが起こせるのか真剣に取り組む時は今、この時なのだと思います。

感動の言葉集

ムンバイ

ムンバイ(マラーティー語:मुंबई、英: Mumbai)はインドの西海岸に面するマハーラーシュトラ州の州都である。インド最大の都市であり、南アジアを代表する世界都市の一つである。
市域人口は1,248万と世界でも有数。2011年の近郊を含む都市圏人口は2,129万人であり、世界第6位である。2008年のムンバイの域内GDPは2090億ドルで、世界第29位である。
2012年には、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第45位の都市と評価されており、インドでは首都ニューデリーを凌ぎ第1位であった。天然の良港に恵まれていることもあり、国全体の海上貨物の半数以上を担う港湾都市でもある。
ムンバイは国内随一の商業及び娯楽の中心都市であり、国全体のGDPのうち5%、工業製品の25%、海運の40%、資本取引の70%を計上する。国際金融フローにおいては、アジア有数の金融センターとして、インド準備銀行、ボンベイ証券取引所、インド国立証券取引所といった金融機関や、多くのインド企業の本社、多国籍企業の拠点が置かれる。ビジネス機会が豊富なムンバイには、事業機会や比較的高い生活水準を求め国内各地から多くの人が集まり、様々な宗教・文化の集積地ともなっている。
1995年に英語での公式名称がボンベイ (Bombay) から、現地語(マラーティー語)での名称にもとづくムンバイへと変更された。なお原語では「イ」が長母音のため「ムンバイー」の表記がより正確とも言えるが、日本国内での表記は「ムンバイ」が大半であり、慣用という意味も含めて当記事内でも後者に統一する。

人種・民族

現在のインド人は先住民のドラヴィダ人と中央アジア方面からやってきたアーリア人との混血であるといわれている。Y染色体やMtDNAの研究結果によると、インド人の大半は南アジア固有のハプログループを有している。
ミャンマーと国境が接している北東部は、チベット・ビルマ語族の民族がいる。

通貨

ルピー(INR)
1ルピー(約1.67円)

あわせて見たい

おすすめ記事

【感動】世界中が涙したタイの感動CM
タイの感動CMです。人を思いやる心とは、世界で共通するのだと改めさせられるCMです。

関連記事

世界の事実が今どのようにあるのか。私達がそこから何を感じ取り、そして行動に映せるのかを想い、考えるシーンを集めました。